読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の意思決定に影響してる価値観。

娘も来月末で1歳になろうとしている最近の自分の価値観について書きたいと思います。

備忘録のために。

 

1.出会いが人を変える

26年間しか生きてないけど、両親も含めて本当にいろんな人と出会ってきた。

その出会いの中でいろんなことを考えてきたし価値観も形成されてきたと思う。

誰と出会ってどんな影響を受けるかは、自分の価値観や考え方でかわってくるからAさん、Bさんが同一人物に会っても同じ影響を受けるとは限らない。

だけど、誰と出会うかは本当に大切だと思う。

最後最後に人の心を動かすのは人の心でしかないと思うから。

これから出会う人、今まで出会ってきた人達としっかりと向き合える人で在りたい。

 

2.石の上にも三年

その通りだと思う。

やっぱり継続することは大事。

26年間を振り返ってみると、長続きしたのはサッカーと予備校のアルバイトだけ。

あとは、3年以上続いてるものはない。

仕事もいろんな会社で働くことができたけどどんなに長くても1年半くらいしかいなかったと思う。

いろんな理由をつけて逃げてきたダメ人間だったと思う。

自分に大きな影響を与えた先輩社会人も言ってたけど、就活で決める会社が自分にとってベストな会社である可能性は非常に低い。

社会に出て働いたことのない学生が選ぶ企業なんだから当たり前だと思う。

だけど選んだ会社で死に物狂いになって頑張ることで得られることは本当に多いと思う。

自分は今まで人の採用に関わる仕事をしてきたけど、今は建設業で会計とか渉外とかやっている。

前の仕事に比べて楽しいと思えることは少なくなったけど、それでも得られることが本当に多い。

娘と奥さん残して単身赴任になったり辛いことも多いけど、今の会社がなくならない限り20年は働き続けると思う。

継続することで得られる知識、経験が本当に貴重だと気付かされた。

どんな業界、職種で働いていても仕事で共通することはとんでもなく多いし、ファーストプレイスがどこだったとしてもセカンドプレイス、サードプレイスで夢は追うことができる、いろんな働き方がある時代だから。

 

3.大切な人を大切にできる人で在りたい

この言葉通り。

とにかく家族と家族に関わってくれる人達を大切にしたい。

そのために頑張りたい。

そうすればきっと幸せになれる。

 

今はこの3つの価値観が自分の意思決定に影響してると思う。

 

まあ、またどんどんアップデートされていくんだろうけど。

 

 

歴代サッカー選手から選ぶ日本代表11名!

こないだ遠藤と宮本が歴代サッカー選手から11名の日本代表を選ぶ企画やってて、自分もやってみたくなったので!

 

システム 4-2-3-1

GK 川口能活

 

DF 宮本恒靖

DF 中澤佑二

DF 長友佑都

DF内田篤人

 

MF 山口蛍

MF 長谷部誠

 

MF 中村俊輔

MF 名波浩

MF 松井大輔

 

FW 本田圭佑

 

完全に自分の好みだけど、これで見てみたい。

見てみたいけど、これで勝てるかは分からない。笑

ボランチより上はボロボロになりそう。笑

 

今の知識でいろんな選手の顔が浮かんだけど、W杯出場が当たり前だと言われてる今の日本代表の監督やるのって相当なプレッシャーだろうな。

選手個々の力は上がってきてるけど、絶対的な選手ってきっといないし、日々のコンディションや相手チームによって戦術も選手も変えていくんだから本当は歴代サッカー選手の23名を選ぶべきなんだろうな。

でも、これはワクワクする。

今度このネタで飲み会開こう。笑

 

 

中村俊輔の移籍

今日ついに中村俊輔マリノスからジュビロへの移籍が公表された。

俊輔がマリノスを離れる日が来るるなんて思わなかったけど、
今までのメディアの情報を見ると俊輔の移籍も仕方ないなと思う。

今回の移籍に対しては賛否両論あると思うけど、自分の意見はたった1つ。
中村俊輔が一人のサッカー選手として尊重されるべき。
サッカー選手として続けられる年数は限られているから、本人が納得できるような形で選手人生を終えることはどの選手にもある権利だと思う。
それでも自分が中学生の時からお世話になったクラブのために、自分のできることは全力でやりたいと思っていたはず。
それでもクラブ側と同じ未来を見ることができなかったから年俸では下がってしまうけど、クラブ側との信頼関係を築けるであろうジュビロへ移籍を決めたんだと思う。

仕事でもプライベートでも関わる全ての人がハッピーになることは難しいと思うけど、できる限り個人が尊重されるべき。
でも、そのためには自分と自分以外の誰かのために頑張ることができることが最低限必要なんだと思う。そして少しずつ少しずつ信頼を築いていって、その先にリターンがあるんだと思う。
結局、自分の求める環境は自分でしか作ることはできない。
そして、そのための努力をするのも自分しかいない。

中村俊輔は今の今まで、クラブのためサポーターのため、後輩のため、家族のために全力で努力していたんだと思う。
そういう選手はだからこそマリノスから退団するのはショックだけど、それでも俊輔を応援し続けたい。
そう思っているマリノスサポーターが全国にたくさんいるのが証拠だと思う。

中村俊輔ジュビロで10番をつけてスーパープレイを魅せてくれるのは本当に楽しみ。

こんなことを考えていたら自分も頑張らなきゃいけないなと思わされた。
2017年はまた濃い1年になりそうだけど、辛くても食らいついて楽しいを1つでも多くできるように生きていこう。頑張ろう。

昨年の振り返りと今年のイメージ

□昨年の振り返り

1.娘の誕生

娘が産まれて来てくれたことで、全てが良い方向に変化しました。娘を産んでくれた奥さんに感謝しながら毎日を過ごしてます。

 

2.転職して父親と同じ会社へ

個人としてはすごく大きな決断でした。しかし、こうなるべくしてなったのかなと。自分の環境を自分で作らなきゃいけないことを痛いほど感じた1年でした。

 

3.福島へ単身赴任

入社して3カ月でまさかの転勤。これもチャンスと思って頑張ってる最中ですが、娘に週に1回しか会えないのは辛いし、奥さんには本当に申し訳ない。

けど、家族、個人にとってプラスになるよう成長して帰って来ます。

 

4.経済的な安定

6月に中途で入社して6カ月が過ぎ、正社員登用となりペースアップ、手当などで手取りの収入が増えて経済的に安定しました。

ただ、これは精神的な安定にも繋がってます。

いやー、やっぱりお金って大事。

 

□今年のイメージ

1.娘の保育園入園

ついに4月から保育園入園。準備とその後の生活の整備をしないと。

 

2.奥さんの育休終了と社会復帰

1年間の育休が終わり、ついに社会復帰。

育児、家事、仕事を夫婦でどう頑張っていくか…大変な道のりだけど、両親の凄さを感じながら頑張ります。

 

3.結婚式準備

来年2018年に結婚式予定なので、日取りと準備を進めていきます。招待させていただきたい方もいるのでその際はよろしくお願いします。

 

4.営業職への異動

前々から話があったけど、ほぼ確実に4月から営業職への異動になりそうです。

今までの経験で活かせるところは活かして新しいキャリアを作っていきたいと思います。

 

5.サッカー、ソサイチチーム作り開始

これは自分の夢。本気でプロチーム作りたい。

47都道府県でプロチームのない地域で。

 

6.サッカーを軸にしたビジネス開始

これは昨年お世話になった方々としっかりカタチにして価値を作っていきたい。

サッカーの持つ力を具体的に証明したい。

 

こんな感じになるかな。

一つひとつ段取りを大切にして進めていこうと思います。

 

あ、週に1回はブログ書くようにしますー。